三菱総合研究所が選んだ
オールインワンのデータ利活用プラットフォーム
ForePaaS
実現するビジネス変革

数年かけて継ぎ接ぎのデータ活用環境を構築、
システム開発を行う時代は終わりました。
数週間で革新的なサービスを構築、
ローコード・ノーコードで誰でも扱えるForePaaSなら、
ビジネス変革を実現します。

セミナー情報

ビジネスに直結するデータ利活用3つのポイント

データ利活用における大切な3つのポイントをご紹介します。また、ポイントを押さえて実際にデータ利活用していくために最適なプラットフォーム「ForePaaS」をご紹介します。(アーカイブ動画の視聴が可能です。)

詳細リンク
導入事例

竹中工務店様活用事例を公開

竹中工務店様からデータをAPI連携し、デジタルツインアプリの構築までを2か月足らずで実現。なぜForePaaSなら迅速に実現できるのか、ForePaaSを活用することでどのような未来を描けるか、お客様に語って頂きました。

詳細リンク

MRI三菱総合研究所×ForePaas

三菱総合研究所は、
「ForePaaS」と共に
お客様の
ビジネス変革実現を
ご支援します。

MRIはこれまで、総合シンクタンクとしてあらゆる分野でコンサルティングやデータ分析支援、AIモデルを提供してきました。
しかし、単にモデルやコンサルティングだけでは企業や社会の抱える課題は解決しません。実際のビジネス・業務・社会に「実装」して初めて価値が生まれます。

MRIは、「実装」まで伴走して、お客様の課題を解決し「ビジネス変革」が実現するところまで見届けたい。そのための最適解が『ForePaaS』と考えています。
「社内施策や新サービスを最初の数週間で形に」こんな効果をご一緒に体感しませんか?

ForePaaS価値

データを洞察に、洞察をビジネスに 素早い実装と
アジャイルな高度化で
ビジネス変革を実現

データ利活用のプロセスをForePaaS一つで完結 データ利活用のプロセスは、データ収集、加工/整形、ビッグデータ分析、AIモデリング、機械学習、BI(ビジネスインテリジェンス)、モデル評価運用、アプリケーション・サービス開発、業務組込みなど多数。
これらのプロセス単位でそれぞれツールを用意すると、膨大な構築・連携コスト、時間、習熟コストが必要となります。 ForePaaSは、これらのプロセスを1つで完結します。

ビジネスに素早く「実装」、
アジャイルに高度化
データから得られた洞察も、素早くビジネスに「実装」した上で、常に高度化し続けなければ意味がありません。
ForePaaSで全てのプロセスを完結できるため、短期間でサービス開発を行いデータから得た洞察をシームレスにビジネスに利用可能。 さらに、ミニマムな開発サイクルでアジャイルな高度化を可能にします。

このようなお悩みがある方はご相談ください

このようなお悩みがある方はご相談ください

  • 蓄積したデータは豊富にあるが、
    散在。
    活用しきれていない。

    環境整備からデータの収集・設計・分析基盤構築に膨大な時間とコストを要し、なかなか業務利用にたどり着かない。

  • 運用コスト・開発スピードの問題で
    PDCAを回せない

    現状システムに改善要素があっても、修全コストと開発期間が多くかかるため改善に取り組めず、PDCAが回らない。

  • データを活用できる人材が限られている

    データを扱える人材が社内に不足し外部頼み。さまざまなツールを導入しデータ利用環境を整備したが、ユーザ習熟が進まず、結果、活用に至らない状況となっている。

このようなお悩みがある方はご相談ください
三菱総合研究所が提案する「ForePaaS」で
是非「事業革新」「業務革新」
「サービス革新」を
一緒に実現させましょう。

導入の流れとフォロー体制についてはこちら

導入事例

Pick up事例

ForePaaS活用イメージ

  • case 01世界大手建設会社
    の場合
  • case 02欧州最大映画製作
    会社の場合
  • case 03鉄道インフラ事業
    会社の場合
  • case 04世界大手ショッピン
    グセンターの場合
  • case 05スーパーマーケット
    の場合
  • case 06世界大手住宅建材
    メーカーの場合
ForePaaSの活用イメージ01

日々の建設作業をモニタリングし、

プランナーの作業200時間/月を節約

レポート作成とデータクリーニングの時間を 3日からリアルタイム

  • 課題

    世界中の複雑な化学、石油・ガス、エネルギー施設を中心に年間150件以上のプロジェクトを運営するため、遠隔地にある建設現場、多数の下請け業者やサプライヤーとのコミュニケーション、情報へのアクセスが困難で、データの更新や追跡に多くの時間を費やしていました。

  • ForePaaSをどのように活用したか

    ForePaaSプラットフォームを利用してリアルタイムレポートを実装し、作業パフォーマンスを最適化 - 自動化されたデータ統合とクリーニング - 活動や計画の進捗状況を柔軟に更新可能 - 遠隔地でもアクセス可能

ForePaaSの活用イメージ02

映画館のモニタリングに

ForePaaS初回導入 わずか4週間

ForePaaSモニタリングソリューションを利用し、 90の劇場、720スクリーンのモニター、300人のデイリーユーザーを監視

  • 課題

    100年の歴史を持つ老舗企業のため、多くの社内ルールやプロセスは複雑化しており、業務効率の強化を図るために簡単に導入できるソリューションを検討していましたが映画制作会社の特殊性や法的制約により、導入を困難としていました。
    1901以上のスクリーンと、6,620万人の観客を動員を誇る事業において、「いつ、どこでも活動が監視できる」「リアルタイムで情報を入手できる」「安全な環境で機密データにアクセスできる」ことは最も重要なポイントでした。

  • ForePaaSをどのように活用したか

    映画館のモニタリングによる上映パフォーマンスの最適化 - 特定のニーズに合わせた拡張性の高いプラットフォーム - すべてのデバイス(モバイル、タブレット、デスクトップ)で、いつ・どこからでもデータにアクセスできるように設計 - 使いやすく、トレーニングや変更管理が不要に - 安全なデータ転送とアプリへのアクセスが可能に - 主要なKPIをSharePointイントラネットに簡単に統合するための相互運用性

ForePaaSの活用イメージ03

高速鉄道線路の監視とメンテナンス予測で、

インシデント検出精度 15%改善

製品の構築・配置まで 6ヶ月間100%稼働

  • 課題

    鉄道インフラ管理として、列車のカウントと識別、インフラの可用性、問題が発生したときの責任の共有(鉄道事故や故障列車)、インシデント検出による保守計画の最適化を最重要とする一方で、管制センターと列車間の通信からのデータ、IoTデータ、気象センサ、インフラの各要素を制御する保守列車のデータ等、データ管理は部門間で完全に断片化されていました。

  • ForePaaSをどのように活用したか

    コアビジネスである鉄道インフラに集中するための高速鉄道の運営監視とメンテナンス予測 - セキュリティインシデントの把握
    フォローアップと予測
    - 路線インフラの健全性の監視と、保全予知 - 20以上のデータソースを統合して活用 - データ処理、予測の自動運用

ForePaaSの活用イメージ04

ショッピングモールをモニタリング

初回テスト開発5拠点分を 8週間で完成

16カ国 21のデータソース、
106のショッピングモール
を管理

  • 課題

    欧州16カ国に106のショッピングモールを展開していますが、KPIが異なるサービス・プロバイダーを利用しているため、データソースは豊富でしたが、一方ではデータが断片化されていたためモニタリングが複雑化していました。時に手動の再処理を必要とし、ミスや生産性の低下、長期的な遅延にも繋がっていました。
    また、複数のソースから得られるデータを集約する機敏さが欠けており、ビジネスニーズを満たすことができませんでした。

  • ForePaaSをどのように活用したか

    カスタマイズした分析アプリケーションを作成、展開、実行して、データのライフサイクル全体を管理可能にしました。
    企業情報、財務データ、ソーシャルネットワーク、アプリ、マーケットプレイス、天気、カレンダーなど、複数のデータソースの収集からユーザープロファイルに応じてデータを表示し、セグメント化するためのカスタマイズされたダッシュボードツールを使用して可視化ができるようになりました。

ForePaaSの活用イメージ05

5つのスーパーマーケットで

デジタルコックピットのパイロットを 2ヶ月間で構築し、
1ヶ月で60店舗に導入

  • 課題

    60店舗を展開するスーパーマーケットは、すべての店舗が分散型で運営を行っていたため、データが散在しており、また、手動でデータ処理を行っていたため、データアクセスが複雑化。データの再処理に多くの時間を要していました。アクセス権(国、地域、グループ)を管理するためのトップマネジメントの権限もほとんど与えられておらず、外部アルゴリズムでの統合が難しい状況でした。

  • ForePaaSをどのように活用したか

    ForePaaSの統一プラットフォームを利用して、顧客のニーズと小売業界の課題に沿ったデータの管理を合理化して、店舗ごとのデジタルキャンペーンを効率化しました。

ForePaaSの活用イメージ06

デジタルコックピットの構築により、

共存していたデジタル資産 700種類の
デジタルアカウントを最適化

  • 課題

    57の子会社を通じて建設・リフォーム用のソリューションを開発・販売していましたが、各社には多くのブランドや67の国が存在していたため、ウェブ、ソーシャルネットワーク、モバイルアプリ、電子メールなどのツールをそれぞれが用いており、システムも独自で構築していました。
    そのため、データソースが複数存在し、各社で保有する独自のデジタルアカウントは700種類。情報源の相関が難しく、データソースは手動での再処理となっていました。

  • ForePaaSをどのように活用したか

    ビジネスユースケースのサポートにおけるアジリティに貢献 - データの再処理でパフォーマンス分析の微調整と提供を可能に - プラットフォームの拡張性により、非常に短い開発サイクルでソリューションを充実 - 数回のクリックで適切なアクセス権を付与可能に

セミナー・イベント情報

    お知らせ

      よくあるご質問

      • Q

        ForePaaSの使い方のご説明はありますか?

        A. はい。ハンズオン等有償/無償のサービスをご用意しております。また、データサイエンティスト育成、セキュリティ診断、データ利活用コンサルティング、モデル構築支援など、お客様と共にデータ駆動経営を推進するサービスを多数ご用意しております。是非お問い合わせください。

      • Q

        ForePaaSのセキュリティーは安全ですか?

        A. はい。金融機関様でのご利用も想定しFISC安全対策基準に準ずる形でサービスをご提供しております。また、お客様ニーズに合わせて様々なオプションをご用意しておりますので必要なものを必要なだけ追加することが可能です。詳細はお問い合わせください。

      • Q

        ForePaaSの利用期間を教えてください。

        A. 最短利用期間は3か月間となります。トライアルもご用意しておりますので是非ご相談ください。

      • Q

        本国(仏)のForePaaSとの違いはありますか?

        A. 利用クラウドのリージョンが異なる、日本語ローカライズ以外違いはありません。