MRIがForePaaSを選んだ理由MRIとForePaaS

コンサルティング、モデル開発にとどまらず
最後までお客様と伴走し
ForePaaSととも
にビジネス成功まで
見届けたい。 株式会社三菱総合研究所
ForePaaSエバンジェリスト
天野 厳斗(あまの いわと)

天野 厳斗

私たちMRIが、ForePaaS社と業
務提携しForePaaSを
DX支援の中核ソリューションに
据えた理由

一般的なデータ利活用

一般的なデータ利活用
ヒト/時間/カネのかかる分析

ForePaaSでのデータ利活用

ForePaaSでのデータ利活用
コンパクトでクイックなデータ分析
一般的なデータ利活用 ForePaaSでのデータ利活用

ForePaaSへの期待と可能性 DX加速の実現に向けた新たな選択肢

MRIは、総合シンクタンクとしてあらゆる分野でお客様にコンサルティングや、データ分析支援やAIモデルを提供してきました。
お客様の課題解決のため、ただ単にモデルやコンサルティングを提供するだけでは、成果を得ることはできません。実際に提供するモデルをお客様の「ビジネス」「業務」「システム」に組み込んで、初めて価値を生み出します。ただ、その組込みは容易なものではなく、膨大なデータとレガシー化したシステムを抱えるお客様のほとんどが、莫大なコストと時間、プロジェクトに関わる人材の確保・育成が必要とされました。

ビジネス環境の変革にはこの「実装」をいかに効果的、効率的に実現できるかが重要であり、数年かけて継ぎ接ぎのデータ活用環境を構築しシステム開発を行っていては変化についていけず取り残されてしまいます。
数週間でビジネス変革の手ごたえを感じ、成長に合わせてスケールさせる時代です。そのための最適解が『ForePaaS』と考えました。

担当者が見る ForePaaSの魅力 膨大なデータをつなぐForePaaS「オールインワン」の強み

ForePaaSの魅力は、データ利活用プロセスを「オールインワン」で提供でき、結果として低コスト化・開発期間の短縮に貢献できるところにあります。
通常、データ利活用においては、データ収集、加工/整形、ビッグデータ分析、AIモデリング、モデル評価運用、アプリケーション・サービス開発、業務組込みといった多数のプロセスが発生し、多様なツールを駆使していかなければなりません。これには膨大な連携コストや時間を要し、また、画面の操作仕様が不揃いになるといった課題も発生します。
ForePaaSであれば、これらのプロセスを1つのツールで対応できるため、膨大なデータをシームレスにつなぎ、自由度の高い横断・分析が可能。画面仕様も統一されているのでユーザーの習熟コストや労力も抑えられます。
この「つなぐ」「オールインワン」がForePaaS最大の強みです。

ForePaaSサービス特長へ

オールインワン

MRIのForePaaSへの想い MRIだから実現できる最強のDX推進の
中枢ソリューション
ForePaaS

ForePaaSは、データ横断(シームレス化)を可能にすることで、データの「民主化」を進め、最終的には「内製化ツール」として「お客様自身の手」で創造できるソリューションとなります。MRIはコンサルやモデル開発で終わるのではなく、 最後までお客様と伴走し続けお客様の結果が出るところまでしっかり見届けたい。最終的にはお客様自身がデータを使いこなしビジネス拡大や効率化を果たしていかなくては意味がありません。 ForePaaSの導入はその足掛かりになると信じています。
「社内施策や新サービスを最初の数週間で形に」こんな効果をご一緒に体感しませんか?
MRIのForePaaSへの想い
これまで、 MRIはお客さまの経営戦略に寄り添い、課題解決型のDX戦略の策定から、データ活用戦略立案、環境構築のご支援、さらにはお客さまに伴走しながらデータ活用スキルの移転を支援してきました。MRIが得意とする総合シンクタンクとしてのノウハウとForePaaSを組み合わせて、DX戦略立案からBDA環境の導入、データ駆動経営の実践に至るまでを一貫してご支援し、お客さまの更なるDXの加速に貢献していきます。